鶯などについて勉強しました

勉強をしました。受くとは受け止める、身に受ける、受け取る、聞き入れる、承諾する、授かるという意味です。鶯とはひたき科の小鳥です。背は緑褐色で腹は白いです。早春美しい声で鳴きます。鶯声とは美しい声、なめらかで巧みな弁舌という意味です。鶯茶とは染め色の名です。鶯の背の色に似た茶色がかった緑色です。鶯張りとは廊下などの板の張りかたで踏むと板がきしんで鶯の鳴き声のような音が出るようにつくったものです。槽とは容器の一種のことです。肯うとは承諾する、引き受けるという意味です。受け込むとは引き受ける、受け入れる、責任をもつという意味です。請け状とは奉公人などの身元引き受け証書のことです。承り伝うとはうかがって伝えることです。承るとはいただく、うかがう、お聞きする、お引き受け申し上げる、手紙などを拝見するという意味です。受け伝うとは相続するという意味です。受け取りとは引き受けること、受け持ち、担当という意味です。http://www.sportlagune.nl