桂などの意味を勉強した

勉強をしました。合壁とは一つ隔てた隣家、隣どおしという意味です。勝間とは目の細かい竹かごのことです。かつみとは、いね科の多年草のことです。一説にあやめの一種ともいわれているそうです。勝山とは江戸時代の女性の髪型のことです。桂とはかつら科の落葉高木のことです。春先に紫紅色の花をつけて樹高は二、三〇メートルに達します。材は建築などに用います。桂の黛とは三日月のように細く引いた黛のことです。葛とはつる草の総称のことです。鬘とは上代、つる草や花などでつくった髪飾り、頭髪を補うため髪に添える毛髪、種々の髪型につくって頭にかぶせる付け髪のことです。鬘物とは、能で女性を主人公とした曲目のことです。鬘桶とは能・狂言・歌舞伎などで用いる腰掛けのことです。鰹とはさば科の海水魚のことです。糧・粮とは旅行用の食糧、食物、食糧という意味です。加点とは漢文に訓点を書き加えること、アクセント・清濁を示すために漢字や仮名に種々の点を付けることです。http://www.julesbianchisociety.org/